明石の坐骨神経痛施術プロフェッショナル

query_builder 2023/03/29
スポーツ
1972493_s

明石でつらい坐骨神経痛の症状なら臨床経験が豊富なはり灸院andにお任せ下さい!


・お尻から太ももにかけて痺れる

・痛くて長時間座れない

・病院に行っても痛み止めしか出ない

・根本的に改善していきたい


明石市周辺でこのような症状でお困りの方は坐骨神経痛の臨床経験が豊富なはり灸院andの専門施術を受けてみてください!腰やお尻から太ももにかけて感じる痛みや痺れは坐骨神経痛と呼ばれ、どこかの部位で神経を圧迫している可能性があります!そのまま放置していると癒着が強くなり思うように痛みが取れないことにつながるので早期に施術をして痛みを感じにくい強い身体を作っていきましょう!


坐骨神経痛について



坐骨神経痛とは足に痺れが出た時に呼ばれる病名で、ヘルニアや梨状筋症候群など様々な疾患によって坐骨神経が圧迫された時に神経の走行に沿って痺れが痛みが出た時の総称です。


【坐骨神経痛を起こす疾患と原因】

1.腰椎椎間板ヘルニア



椎骨と椎骨の間でクッションの役割をしている椎間板が後方に飛び出してしまったり、ズレてはみ出ることで神経を圧迫して坐骨神経痛を引き起こします。主に腰から足にかけての痛みや痺れを感じ、重症化すると運動機能障害(力が入らない・歩けないなど)や膀胱直腸障害が出るリスクもあります。レントゲンやMRIで判明することが多いので過去に「椎間が狭い」や「ヘルニアの一歩手前」など言われたことがある方は要注意です。


2.腰部脊柱管狭窄症

背骨には脊柱管という神経が通るトンネルがあります。この脊柱管が骨棘や靭帯の肥厚などが原因で狭くなってしまい、神経を圧迫している状態を脊柱管狭窄症といいます。間欠性跛行という歩くと痛みが出て休むと元に戻るためまた歩き出せるという特徴的な症状があります。脊柱管狭窄症が加齢による変性の過程で発生するため50歳以上の方に多く見られ、ヘルニアと同様に重症化すると運動機能障害や膀胱直腸障害を起こす可能性があります。


3.梨状筋症候群



デスクワークで座っている時間が長い方や中腰の姿勢をとることが多い方に発症しやすいのが梨状筋症候群です。症状としてはお尻から太ももの痛みと痺れで長時間電車に乗れなかったりひどい場合は30分程度座るだけで坐骨神経痛が出る方もいます。図のように梨状筋と坐骨神経の部分で圧迫が起こることで発症します。長期化すると癒着が起こり痛みが思うように取れない場合があります。


4.妊娠中の坐骨神経痛

妊娠後期になると赤ちゃんの通り道である産道が形成され骨盤が大きく開きます。開くことで坐骨神経の通る道が狭くなったり、臀部の筋肉が硬くなって坐骨神経痛を発症することがあります。この場合、妊娠中には薬や痛みの伴う強い刺激の施術ができないため専門家による徹底した管理のもと施術を行う必要があります。


坐骨神経痛施術方針



坐骨神経痛は身体の深層部分で圧迫が起こっているためマッサージや電気では治ることはありません。筋肉をほぐしたからといって圧迫が取れるわけではないので根本的な解決にはなっていないことがほとんどです。


痛みを引き起こしている原因はどこなのかを追求し考えられる原因を一つ一つ無くしていくことが大切です。鍼灸施術はヘルニアや梨状筋といった深層部分の原因に直接アプローチができ、血流改善や自己治癒力向上など相乗効果が期待できる施術です。さらに整体やテーピングを組み合わせることで再発予防も兼ねた総合的なアプローチを得意としております。


現在、坐骨神経痛でお困りの方は今後の生活のためにも早期に動ける身体を作ることが大切です。いつかは痛みが落ち着くだろうと思っていて悪化することが1番予後に影響します。この機会に治療をする勇気を出してみてください!ご予約は公式LINEから受け付けております。友達追加をしていただきトーク画面から症状や施術の希望日を送信してください。

----------------------------------------------------------------------

はり灸院and 代表 松下 和樹

兵庫県明石市大明石町2丁目4−18 信友ビルディング301号室

最寄り駅 明石駅から徒歩10分・西新町駅から徒歩8分

近隣にコインパーキングあり(駐車料金補助あり)

営業時間 月〜土 10:00〜19:30 

     日 10:00〜14:00

               定休日 木曜日

電話番号 078-600-9286

----------------------------------------------------------------------