フィットネスジムで起きやすい怪我について

query_builder 2024/02/08
スポーツ
5194163_s

近年、増加しているフィットネスジムで起きやすい怪我を知ろう!スポーツの怪我ならはり灸院andにお任せ下さい!


・フィットネスジムに通っている

・筋トレを始めて筋を痛めてしまった

・怪我のリスクを知りたい


明石市でこのようなフィットネスジムやスポーツの怪我でお困りの方はスポーツ障害を専門的に取り扱うはり灸院andにお任せください!今日はフィットネスジムで起こりやすい怪我についてご説明いたします!体に良いことをしているので怪我をしてしまっては運動が長続きしません。身体を理解して怪我のリスクを考えながら長期的に行えるトレーニングを目指しましょう!


ジムで起きやすい怪我3選!



ここではフィットネスジムやパーソナルジムなどで運動を始めて起こりやすい怪我を3つご説明いたします。予防策なども合わせて説明いたします。


1.肉離れ(太もも・ふくらはぎ)


まず1つ目は肉離れです。瞬発的な動作を行った時に筋肉に強い負荷がかかり筋膜や筋繊維を損傷、断裂した状態のことをいいます。特にフィットネスジムでのランニングやパーソナルで素早く速い動きをした際に起こることが多く突然痛みが走り立てなくなることも。



基本的には筋肉が伸びようとした際に柔軟性が低下していて伸びずに切れてしまうことが多いので、予防策としては十分にウォーミングアップをゆっくりなトレーニングやランニングから行い、終わってからもしっかりストレッチを行うことである程度の怪我は防げるかと思います!


2.足底腱膜炎


足底腱膜炎とは足の裏にあるアーチを支える組織が、地面に足をついた際の衝撃で炎症を起こしてしまい歩く際の踵部分の痛みを日々繰り返してしまう疾患です。これは扁平足と呼ばれる足底のアーチが少なくたいらになっている状態で運動をしている方に多く見られます。アーチをいうのは衝撃の吸収を担っているのでアーチが崩れていると衝撃が吸収できず炎症が起きてしまいます。



予防としてはいきなり扁平足を改善することは難しいので運動するときにアーチを支えてくれるインソールを入れて衝撃を緩和しておくと良いでしょう。もちろんインソールは扁平足の根本的な改善にはならないのでしっかり改善したい方は専門家に診てもらうことをお勧めします!


3.ぎっくり腰


突然、腰に強い痛みが走るぎっくり腰も運動中に起こる可能性があります!特に準備運動をせず激しい運動を繰り返している方は筋肉が過剰に硬くなりとてもリスクが高くなります。運動前にしっかり腰を回すような柔軟体操と運動後のストレッチやマッサージで常に腰はケアをしておきましょう!

----------------------------------------------------------------------

はり灸院and 代表 松下 和樹

兵庫県明石市大明石町2丁目4−18 信友ビルディング301号室

最寄り駅 明石駅から徒歩10分・西新町駅から徒歩8分

近隣にコインパーキングあり(駐車料金補助あり)

営業時間 月〜土 10:00〜19:30 

     日 10:00〜14:00

               定休日 木曜日

電話番号 078-600-9286

----------------------------------------------------------------------